マニアック文化研究村

裏道を通りたがる。タモリ倶楽部に出演したい。最近の心のメンターはSexyZone

ケンティーが何言ってるのか解らなさすぎてヲタ卒無理

四の五の言わずにこれを見て下さい。

 

Sexy Zone中島健人くんが「オタ卒」を悩むファンに「おまえは俺から離れちゃダメ!」

 

 

抜粋すると20代のケンティー担の女性がヲタ卒した方がいいのかどうか悩んでいるようで、

(結婚とか考えるお年頃)

 

20代どころか30代にヲタとなった独身の私としては「うーん、わかるなぁ」と考えてしまいます。

 

だって、社会人のアイドルヲタって「擬似恋愛」じゃなくて「擬似結婚」だと思いますもの。

仕事や各種支払いがある中、お金と時間など様々なものを費やすわけですからね。

ただ、婚姻制度と違っていつ抜けてもさほど痛くは無い。

だから擬似なんですけども。

 

しかし、推しへは結婚相手に感じるように、ひたすら一途に信じたり疑ったり、許したり、モヤモヤしたり。

いやーー、楽しいだけじゃない。

結婚をしたことの無い私が言うのもなんですが、もうこれ、推しは脳内旦那ではないでしょうか。

 

そんな日々の中、私は「あぁ~ジャニヲタなのに全然ジャニヲタについていけないし、同じCD何枚も買うお金あったら別のことに使うな~~最近推し金髪だしなぁ~もういいかな~」なんて思うこと、ちょこちょこありますよ。

 

けども、やはり我が推しケンティーの回答を見て考えを改めました。

 

 

上記の記事を見ればわかりますが、

 

 

 

何言ってるかさっぱりわかりません!!!!

 

 

決して彼をけなしたいわけではありません。

 

むしろ賞賛しているのです。手放しで。

経典や古典のように、解りやすいことが良いとは限らない。

考えて、考えて、考え抜いて、読み解いた先に本当の理解があり、共鳴からイニシエーションを呼び・・・

その道はケンティーに繋がるのです。

 

それではお聴き下さい。むらんぬ先生で「ケンティーロード」です。

カントリーロードの替え歌です。)

 

なわけで、ケンティーのことは「擬似旦那様(はぁと)」と思い、歴史と古典に詳しい知的な年上妻のつもりで彼を支えていきたい所存です。

源たれで作った唐揚げがおいひい。


f:id:n-village:20191110005827j:image

唐揚げを作れる年上妻はいかがですか。

 

お酒片手にブラック校則を観ながら泣くの巻

昨日公開のブラック校則、楽しみすぎて公開初日に観に行ってしまいました。

記憶の限り初めてかと。

 

ここ最近の採点、授業準備、モンスター隣人、押し寄せる様々なことに疲弊して夕寝でチャージした、金曜の夜。

 

むくっとして晩ご飯食べたら

#今だ立ち上がれ早く

映画を観たくなりました。

 

とにかく疲れると、顔が良い人を観たくなるんですよ。

本能なんですよね。

 

勝利くんは顔が整ってるのにキャラが程良いし(ラジオとか超癒される)

海人くんも掴み所が無い子かなと思いきやマンガ描いたり、ブラ校ドラマ版の演技で器用さを見せてきたり。

二人の魅力は顔の良さだけではありません。

 

ドタバタで21時35分の回、新宿三丁目からダッシュしても52分くらいに入場。

 

なのにハイボールをしっかり頼む。
f:id:n-village:20191102120541j:image

新宿ピカデリー、酔わせにかかる。

一杯やりながら放課後の学園映画とか、ブラック先生爆誕

 

しかもエレベーターでの移動を知らず、ひたひたのハイボール持って乗り込みましたからね。

たまたま最後に乗って良かった。

 

席はもちろん、トイレへの移動に支障ない席を確保。しかもC列。前の方だと顔の良さ堪能。

 

が、しかし!!

 

顔の良さを上回る、気分の上がる映画でした。 

色々まとめると、

 

・モトーラ世理奈ちゃんの佇まいが美しい

私がわざわざ、初日に行ったのはこのモトーラちゃんの個性的な魅力をいち早く観たかったから。

所々で悲しさ、嬉しさを見せるのが何とも言えない。

創楽くん(勝利くん)の恋心を追体験しているようでした。

よくある学園スイーツ映画だとヒロインの顔が似たりよったりであまり感情移入出来ないのだが、これは創楽くん、守ってあげたくなるよと思いました。

 

・トリプルファイヤー吉田かっこいい

タモリ倶楽部でおなじみ!担任の先生役でトリプルファイヤー吉田さんが登場!

いかにも「頼りない」感じかと思いきや、序盤かっこいいわ。

とにかく劇場で確認してみて下さい。

何故か吉田さんのあるシーンの笑い声が一番大きかったです。

まさか、劇場にいるのはセクラバでもティアラでもなく、吉田推しが多い・・?

 

・何故か生徒を想い泣く

何かこう、校則って本当に生徒の幸せを想って作られてるのかな?確かに風紀が乱れると危ないけども?と考えてまして。

一番多感で柔軟な時期を抑圧された中で過ごしていいのかな?と疑問もあるのです。

ただ、生徒を守りたい学校側の考えも理解できるのです。

縛りと守りって違いますよね。縛られると、思考回路を奪いかねない。

 

だったら「校則の緩い高校に行けばいいじゃん、義務教育じゃないし!」となるのですが今の日本でそれは容易でなくて。

校則が緩いのは一部の進学校くらいだし、受験前にきちんと校則って開示してるのかな?

 

なーーんてことをグダグダ、飲み屋のテンションで観ながら涙があふれてました。

我ながらめんどくさいな。

あるシーンが本当泣けたんです。最初モブと思った子のシーン。

あと、クライマックスへの持ってき方が鳥肌。

 

・センターなのに陰キャが様になる佐藤勝利

彼が制服着崩す役とか想像できないですよね。

いや、でも顔がいい。

とはいえ、制服を着られると当方ときめきスイッチがオフになるのでもはや生徒を見守る気持ちで見てました。

創楽くん、ハラハラするんだよ。だけどそれがいい。

どんな子だって発信する権利があるんだよ、っていうのをこの作品から中高生に感じ取ってくれたらいいな。

 

・これから楽しみキンプリ海人くん

何かこう、フワフワしてる子なのかなと思っていたら演技が初々しいと思えないくらい自然。

一見お調子者で、でも彼なりの悲哀も抱えていて・・っていう実は複雑な中弥くんを見事に演じきってました。

いや、いちごサンド食べたくなったわ。

ティアラはいちごサンド自体になりたくなったんじゃ。

 

海人くんは他の役柄も見てみたいな。

 

・でんでん登場

校長先生役なのですが、生徒の誰か消される・・?とびくつきました。

 

・スクリーンで流れる「麒麟の子」

程良く酔った状態で(一杯飲みきるのに2時間かかった)推しの曲を劇場で聴けるとは!

カッコイイがあふれる映画だったので、より上がりました。

 

とにかく学校に通う層だけでなく、現状を変えたい人におすすめです!

 

ふらっと繁華街のハロウィンを観察してきたの巻

ひょんなことから、急遽六本木へ行くことになった夜。


f:id:n-village:20191027013043j:image

六本木はふとしたところが静かで、ほっとする場所です。


f:id:n-village:20191027013122j:image

デートにいいなぁ。酔い醒ましに散歩する場所がたくさんある。

そんな日はいつだろうかと。

 

一丁目あたりの割烹で個室を提供いただき、しっぽり飲みました。

うーん、4日煮たおでんは美味しい。


f:id:n-village:20191027022059j:image

牛ほほ肉なんて一週間前に煮込んだんだって。


f:id:n-village:20191027022052j:image

 

外食して、久しぶりに「ここ両親を連れていきたいなぁ」なんて思いました。

 

22時台の解散は早いので、ふらっと少人数で外苑東通り(ドンキのあたり)へ行くことにしました。

 

他のメンズは、ナンパする気満々だったみたいなので「行ってきなよ!」と私は観察する気で可愛いナースな子たちのところへ送り出し・・。

20分ナンパトークしてました。


f:id:n-village:20191027012754j:image

暇。

 

メンズは会って間もない人たちなので、別に私がここにこだわることもないから次へ行こうと、友達に連絡。

友達は渋谷で飲んでるらしいのでそっちへ向かおうとしたらメンズはナンパを終えこっちへ戻ってきた。「あ、帰るの?ほんと?ごめんね」とは言ってくれたけど。

でもこういう日ほど安心できる友達と飲みたいものです。

お別れし渋谷へ。


f:id:n-village:20191027012938j:image

友達はセンター街にいるらしいのですが、混雑につきなかなか進まない。

 

こう、ざわついていると、物思いに耽りたくなる。

私の予想通り、今年の人気はジョーカー。

割と様になっていた人が多かったです。


f:id:n-village:20191027013401j:image

浮かれて、連絡先を交換する男女を目にすると、非日常からの出会いからどう発展するのかなと頭をひねったり。

次は私服でこんにちは、でしょ。はて?

 

今日日、クラブやカラオケでたくさんハロウィン騒ぎが出来るのにあえて混雑に飛び込むのは「もしかしたら・・?」に身を任せたい、くじ引き的な側面があるんでしょうな。

可愛い子なんて、本当はどこかのパーティーの引き合いあるはずなのに。

 

なんて、ハロウィンの喧噪をちゃんと楽しみながら、やっと23時回ってお店にたどり着いたので友達に合流。

ラストオーダーが終わっていたらしく、私が既に飲んでることを察してカシスオレンジを頼んでくれた友達の勘の良さよ。

 

閉店時間があるのでそんな長居はしませんでしたが、何かざわつく街って悪くないな、とけ込める自信は無いけども、と思ってしまいました。

コワーキングスペースCASEshinjuku、高田馬場のオアシスだったの巻

ジムと授業の合間、授業準備がしたいため高田馬場コワーキングスペースに1時間弱寄りました。

結果として、「また行きたい!なんだったらここで寛いで本読みながら一日中いたい!」と思ってしまいました。

 

現在の部屋は5畳程で狭く、授業の予習をしても何か落ち着かないのです。

リビングだと声を掛けられるかもしれないし・・・。

 

ってことで程よいコワーキングスペースを探しておりました。

 

ドロップインは1時間500円

向かいのルノワールと料金があまり変わりません。

ルノワールとも迷いましたが、興味深さにCASE shinjukuへ行きました。

これが正解でした。

雑居ビルに入り、エレベーターを降り入るとゆったりとした空間。

にこやかなスタッフの方に安心します。

 

ここは靴を脱いで入ります。(足の匂いに注意)

 

そこには四角テーブル、丸テーブルなど様々なテーブルがあります。

この空間デザインの画一的ではない、かつ開放的な感じが気に入りました。

ちゃぶ台の席もあります。新聞も置いてあるので、ここでのんびりするのも良さそうです。

でも皆さん黙々と仕事をされています。

コワーキングスペースにいる人、みんなフリーランスのおしゃれメガネに見えるのなんでだろう・・・。

 

ちなみに何故ここが「正解」だったかというと、お茶の種類が豊富なのです!

紅茶、フレーバーティー、チャイ・・!

「飲みしん坊バンザイ!」な私、ワクワクです。

しかも他のお客様の寄贈された海外のお茶まで・・・。ありがたや。

 

音楽もまたいい感じ

かつて受験生だったとき、自習室で勉強が捗ったように、コワーキングスペースだと仕事に集中出来るのは何でしょう。

こう、おしゃれカフェみたいな照明に落ち着いた音楽・・・。

いつもより専門用語がすっと入ってくる気がします。

 

ちなみにおしゃべり禁止ではない

隅っこの窓の近くで、ルーズリーフに板書案を書いていたところ・・・、

斜め後ろに来たのはおじ様。

「随分近くに来たな・・」と思ったら、近くにいる女性(多分同僚)に「今日の懇親会について」色々聞いていました。

「ビールはあるの?」「ご用意してまして・・」みたいな。

同じ社内で利用していることもあるのですね。

女性はいかにも新興企業感溢れるラフさがあるのに、おじ様は昔ながらの企業人みたいな。

ちょっとその会話が気になってしまったので移動しました。

しかしそこはドリンクサーバーの近くなので飲みしんぼうに拍車がかかりました。

ちなみに結構離れて座ったはずなのに、おじ様の声はここまで聞こえてきました。

 

結果として、チャイ、ネパールミルクティー、イングリッシュブレックファスト(本場のっぽい)を飲み意地を張って飲んでしまい、おトイレが近くなりました。

 

静かにつき内部の写真を撮るわけにも行かないので、

パンフレットでニュアンスが伝われば。


f:id:n-village:20191024234722j:image


f:id:n-village:20191024234733j:image

 

そんなコワーキングスペース、また行きます!

 

ふとクッキーから人生の悔しさを感じた話【泣きそうになりながら書きました】

自分に満足して生きている人ばかりではないと思います。

 

ふとした瞬間に「あれ・・?私ってひょっとして・・・?」と気がついて、心の中のどこかで自分の作り出した他人が「アイツ、ぱっとしないよな」「空回りしてるよな」と自分に向けてヒソヒソ言い出している。

 

そんな瞬間が急に訪れた日曜日の話。

近くの美味しいパン屋さんが○周年フェアをやっていると聞いて、お昼ごはんを買いに行ったら行列。

どうやら1000円以上お買い上げでクッキーがもらえるらしい。

私は「限定商品でもあればいいかなー」と思ってたのですが、特に限定品みたいなのは無く食べたいパンを選びました。

 

食べやすいお惣菜パン2つと今旬の巨峰が乗ったパンです。


f:id:n-village:20191020150603j:image

 

で、お会計をしたらなんと「982円」!

入場規制をしているほど混雑している店内で金額を計算して・・・と冗長に考える暇もなかったし、あとこれ以上買い足しもしたくなく。

 

ここは前向きに、「家にお菓子があるからこれ以上クッキーは要らない」

「やっぱり考えてもこのパンの布陣が完璧だった」と思いました。

 

でも作られた前向きって脆いです。

一気に悔しさがこみ上げてきました。

だからどうってことは無いのですがトボトボ歩いていたら何だかこの出来事が私の「少し足りない」人生を表しているようにも思えてきました。

 

その瞬間、大通りにて10年以上ぶりに霊柩車を見かけました。

この思考が引き寄せたのかと困惑し、親指を隠しました。

 

「クッキーまで一歩届かなかった事件」を引き金に、「何だか私、イケてないんだよね・・・完全にしょぼい奴だよね・・・」とパンとクリーニング屋に取りに行った洋服を持ちながら考え始めました。

そういえばクリーニング屋の割引ハガキも今日忘れたし。

 

ただ、もう一人の私が「マイナスな考えってマイナスな出来事を呼ぶんだよね・・」「アホになればいいじゃん・・・」と肩を叩いてきました。

しかし、その「もう一人」はすぐ消えてしまいました。

 

余計なことを考え出してしまい、ここからもうネガティブの滝がとめどなく流れます。

ファウンテンです。ネガティブフォンデュです。バナナつけて食べるしか無い。

 

例えばこの前の「男女混合の飲み会で、異性と連絡先交換してないの私だけじゃない?」とか考え出して、「美人な人はちやほやされて聞かれてたからな・・・」とか「自分から聞いてた女の子いたからな・・・」とか「まぁ私もいっぱい話したからいっか・・・」とかグルグルしだして、

 

思考回路が脱線しはじめてきました。

「何か、ここ2年不作過ぎるな・・」とか

「ちょっと異性慣れしてない人がコイツなら、と絡んでくるんだよな・・・」とか

「明らかちょっとイケてそうな人からは私スルーされるもんな・・・」とか

「ここまでメイクの練習しても無理なら整形か・・・」とか

「ちょっと待て、割と今まで付き合った人モテなくもないしルックスがストライクだったぞ・・」

「今まで振り返ると、自分もその人に決め手を感じて動かないと向こうから来ないもんな・・・」

と考えてきました。

 

本当にこのまま独り身なのか・・。と頭を抱え出すのです。

 

自由人気質が染み付いてるものの一人で生きていく強さも無く。

かといって歩み寄るほども誰かもおらず。

モテたいわけではないけど、この状況に満足するわけでもなく。

 

ところで私に「面食いじゃないの?」って言ってくる人、まとめてグツグツ煮てあげたい。

上にタイプの顔とか書いたけど、初対面から好きだったわけではないからな。

 

 

でネガティブの沼どころか赤道直下まで掘り下げていきました。

ブラジルのみなさーーーーん!!!!

 

な、ん、で、

 

本当にネガティブ思考が過ぎると似たような思考の人しか寄ってこないよね、とどこかで悟るに至りました!

だって、卑屈な人ってブサイクなんですよ。

直視に耐えない。だって、私は顔の造りではなくて醸し出す表情で「容姿」って作られるような気がします。

 

そして大変失礼ですが私はいわゆる「非リアな人」が本気で苦手です。

刺激しないように接する疲れがあるのです。表情筋ひきつる。

 

なわけで、悩みはそこそこに。

そ!分かっててもハードルを越えようと異性のいる飲み会に行く私偉い!

人との比較って振り回されるだけですよね!

 

まずは美容院だ!!

シェアハウス住まいでダークサイドに墜ちかけている話

なかなかブログ更新しないのは、仕事の疲れもあるんですけど

いわゆる「住まい疲れ」もあります・・。仕事じゃないのに文章書けないよ・・。

複合的要因があるのです。


f:id:n-village:20191015183053j:image

 

壁薄い疑惑

ここ一ヶ月私の朝は同居人のガラアァッ!!ってドアを開ける音とキッチンでの話し声で始まります。

 

何故かというと、明らか最近生活リズムが変わった同居人がいるからです・・。

何ていうか、現場を見てないんでアレですけど、分析するにあたりその同居人が雑にドアの開け閉めをしているんじゃないか疑惑があります。

お向かいの子は明らかに音を立てぬよう配慮してるのがわかります。

 

配慮次第で音は抑えられるので、管理人に「起こされます、睡眠に支障出ます」と伝えたらグループLINEで伝えてくれました。

「うるさいと報告がありました。配慮を・・」という文で。

 

(うるさい、というのは言ってないけどナァ)と思いつつその後同居人も気遣ってくれたのですが、多分「ゆっくりと閉める」という単純な考えのみが来てしまい(つまり「音を立てない」という根本にまで及んでいない)、やっぱりまだ音が目立つのが現状です。 

とはいえ大分軽減されました。

起こされますけど。

 

そもそも気をつけて閉めないと音が立つドアにも問題があると思うのです。

ブルックリン風だかなんだか知りませんが。

 

そして、その同居人は週末の夜に「アハハハハー!!!」と高い声で電話してるのか?急に笑い出したり(オンライン英会話してるらしい)

何故か先日オンライン英会話の声自体が朝6時台に聞こえてきて、とうとう私透聴ができるようになったか・・?と思いました。

 

そんなわけで生活リズムが同居人と一致してきました。

しかも朝何回も出入りするので二度寝を許されないという。

 

となると、ダークサイドに落ち掛けてくるのです。

 

私、会社を辞めてから「悪口」を聞くとだんだんゾワゾワするようになってたのですが(在職中、あと学生のときは好きだった)

最近悪口の輪に進んで入ってた気持ちが蘇ってきました。

人って満たされないと他人の粗探しをするんですよね。

 

同居人が朝「んー!」「天気いいねぇ~」とか気分良さそうにしてると「いいですねぇ、きちんと寝られる人は・・」となるし。

たまたま他の同居人に「私夜も仕事あるから雨降るか心配だなぁ」と話してたところ、「夜も仕事してるの?えー!大変だね!」と私のことを聞いてきたり・・。

そう、疲れが取れないから大変だねぇ~?

(グイグイパーソナルのこと聞いてくる人はナチュラルに人にぐさっと打撃与える率が高い、むらんぬ調べ)

 

なわけでここまで書いてると自分がイヤになってきます。

 

何ていうか、この同居人は視点を変えればおおらかだし、生活音自体は気をつけてるので変に責められないわけです。

 

非常口にスーツケースを置いたり(管理会社、何も言わない・・)、ペットボトルをラベル付けたまま何本も捨てたりしてますがげふんげふん)

 

落ち着かない要因は他にもあり

 

・部屋が狭い(同居人たちも一日居室にいると落ち込むという)

簡素な椅子かベッドしか座れないのです。

 

・繁華街が近くにぎやか

まぁそんなに気になりませんが、ちょっとフラフラした感じの海外の方が多いですね。

 

なわけで住環境が大事な私。家で授業準備したりするので。

気持ち稼ぐのには引っ越ししようかと思った次第!

 

ただ都内のシェアハウス、しっくり来ないんだよなぁ。参った!

【台風19号】夜中に急に避難勧告が出た

台風19号があり、東京にとてつもない被害があるとのことで

万が一金田一(なつい)無秩序状態になられても子羊は何も出来ないので実家に避難することになりました。

停電してもコンロとかあるし・・。

今の家に雨戸が無いので心許ないし・・。しかもビルだからぐらぐらしたらイヤ・・。

居室狭いし、一日中あそこにいるのはちょっと・・。

 

ちょうど夏服やスーツケースを実家に戻そうとしていたのでスーツケースで移動。

スーツケースなので特急電車で(300円ほどしか差がない)金曜の夕方に戻りました。

みんな同じことを考えてるのかほぼ満席。

 

実家も雨もなく落ち着いていました。土曜は雨風が強いので雨戸を閉め、推しの出ているほん怖再放送を観てました。

何もこんな不安な日に・・。

 

台風情報を眺め、風が強いものの、ネットに行き交う「今神奈川あたりに台風がいるらしい」「もう東京は去った」「荒川の方が利根川より危ない」という情報を逐一テレビを観ながらスマホを見て、「利根川に近いここは安心だろう」と深夜二時頃に寝ようとスマホの電源を切ろうとしたところ、防災無線が。

 

何と利根川の水位が上がっているらしく、内容は避難準備についてでした。

この段階ならば高齢者等のみ避難すれば良いのですが、父親は念のため避難準備を始めました。

 

テレビをつけたところ、NHKは台風に東北がいることばかり・・。

関東のことなんてもう過ぎたかのようです

 

隣の家(おじいさんがいる)の人たちが避難する声が聞こえてきて、ちょっとずつ避難を視野に入れました。

それから一時間もしないうちに「避難勧告」が防災無線で流されました。

この段階では避難を考えなければなりません。

今まで安心してたので、スマホの充電は20%。ひとまず急いで充電しました。

予備バッテリーがあるとはいえ油断禁物です。

 

「なるようになる、むしろ外出たら危ない」と言う母親に対して、「避難の準備して」と指示する父親。

ひとまず私は準備を始めました。

 

父親と外の様子を見たところ、避難してるおうちは2割かな?という程度でした。

 

しかし、隣のおうちが避難したのを見て父親は避難を決めました。

私も避難は早いに越したことがないと思います。

 

というのも、私は大家族の「石田さんチシリーズ」が好きなのですが、その2015年の映像が衝撃的だった記憶があります

石田さんチで常総の水害があったとき、たまたま撮影スタッフがいて、救助までの様子を撮っていたのです。

お母ちゃんは最初「おばあちゃんもいて迷惑になるだろうし」と避難を拒みましたが水位はあれよあれよと上がり、その後ゴムボートで救助されていました。

水位が上がるのは想像以上にすぐです。

 

ひとまず部屋を見渡し、嵐とセクゾのライブでゲットした銀テープと以前いた学校でもらった色紙を高い棚に上げました。

こういうとき、何が自分にとって大事なのか考えさせられます。

 

こうして、家族三人で車で母校の小学校へ避難しました。

午前三時台なのですが外は歩いて避難している人がちょこちょこいました。

なんとか校庭に車を止めました。

 

ひとまず、停電を見越して18時台に食事だったのでこんなときに小腹が空きました。 

それに伴い晩酌を済ませたので酔いも無かったです。

それは良かったです。

避難についての話はまた次の記事で!